愛犬ラブシーンにドキッ!

今日はハピちゃんは先生になって
城山を歩きました。


sennsei.jpg


narabu.jpg


城山のてっぺんの本丸には
お城の天守閣の跡がある…ような
ないような…

案内板みたいのがあるだけです。


siri.jpg


miru.jpg


天気が良い日は山が見渡せて素晴らしい景色。

毎日出会うジジババ連合のメンバーも
毎朝違う山の表情を楽しみにしています。


yama.jpg


いつも歩くのに
気がつかない木もあったりします。


rabu.jpg

遠足は楽しかったでしゅっ。

お疲れ様〜
ハピせんせ。


良ければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


携帯の方はこちらをポチッとよろしく。
シェルティーランキング
posted by 愛犬家みかんママ at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬、カモシカにバッタリ!

カモシカ?!


かもしか1.jpg


まさか、こんな所で会えるとは!

いつもの城山の爺婆街道から外れて
本丸へ登る入口の分かれ道に
カモシカ母子が立って、じっとこちらを見ていた

思わずシャッターを切ったがブレブレ

携帯ムービーを撮った…つもりだった
写っていない
押したつもりが、押していなかったのだ
なんて、バカな私
せっかくのチャンスを逃してしまった


カモシカ母子は道ではない所を一直線に
軽々と3m上の本丸へ登っていった

かもしか2.jpg


ハピといつもの道を回って本丸へ急いだ

今日に限ってオバさん3人組がベンチに座って
昼ご飯を食べておしゃべりの真っ最中
カモシカ母子が登って来そうな場所へ行ってみると

いた!
立って、ジッと私を見ている

近づくと、また下の方へ一直線に
軽々と下りていった

母カモシカはジッとこちらを見ながら
さっきハピと私が登って来た道の途中にある
枝の葉をバリバリと食べて走り去った


かもしか3.jpg


子カモシカはお母さんの後をついていく





行ってしまった…

あれ、ハピは?

と見ると、オバさん達のベンチの所にいた
食い気しかないハピ…タイトル通り
「癒しぃ」=「賤しい」ヤツ

オバさん達はカモシカに全く気がついていなかった
わずか数メートル先にいたのに
おしゃべりと昼ご飯に夢中だった様子

今日のブログ記事は紅葉で行こうっ!
と思っていたが、思わぬ出会いだったので
カモシカ編に変更。

城山にカモシカがいる、とは聞いていたが
自分が出会うとは思いもしなかった
どこに住んでいるのだろう?
また、出会えるかな。

それにしても歩いて10分の所で
リスや、カモシカや野鳥と出会えるなんて
今まで侮っていた城山!
城山新発見の日になった


黄色.jpg


ハピのオバさん化も発見した日だった

良ければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


携帯の方はこちらをポチッとよろしく。
シェルティーランキング



posted by 愛犬家みかんママ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬よりウルサい街宣車かな

ヘリコプターが飛び回っている

雪の山.jpg

日本アルプスはもう雪かあ


町中では街宣車が大きな音で何かがなっている

陣屋手入れ.jpg

陣屋の横の休憩場所では木の枝狩り中


今日は何の日?
http://today.hakodate.or.jp/m00.htm

特にどうって事なさそうだ
高山という場所で何か開催されているのか


モンキチョウ.jpg

チョウチョはひらひらどこ吹く風


昨日足をくじいた(らしい)ハピは
1日中、おとなしくハピのマイルーム(サークル)で
ちんまりと座ってばかりいた
今朝は元通りのこらピーすけ!になって
ブラインドや玄関の音にギャンギャン

朝、玄関でウンチをしたらしく、母に叱られていた
オリオン座流星群が気になるのだが
朝早く起きるためには、そうそう夜更かしもできない
などと言いつつ、今朝起きたら9時だった


ハピケツ.jpg

ほ〜ら、もうこんなに日が高くなっちまったにぃ


洗濯をして、干して、鉢花に水をやり
城山へ出かけたのが10時半
月曜日だというのに
城山の入り口にある駐車場はバス満車の立て看板

観光客は相変わらず道の真ん中にはみ出して
記念写真を撮っている


紫式部の舌で.jpg

ハピちゃんも紫式部の下で記念写真


信号機のある交差点ではシルバー派遣の人が
一生懸命に2人で交通整理をしているのに
そんなのは無視で、赤信号をみんなで渡っている
交通整理をしているシルバーの人は苦笑い

いつもの騒々しい町中を抜けて城山へ入る
いつもの城山メンバーの
ゴールドとシルバーの飛騨人達と挨拶をかわす

本丸までは殆ど行く人がいないので
いつもハピと2人、静かなもんだが
今日は外野がウルサかった


雪の山2.jpg

山の名前は…すんません。調べて来ます。


ヘリコプターの騒音と
町中の街宣車のがなり声が
城山中に響き渡っていた
そう言えば、昨日カレンダーをめくりながら
長男が何かその事を言っていたような…

ネットで検索しても出てこない
単に高山だけの問題なのか
城山を下りたのが正午近くだった
その頃には、騒々しさもおさまっていた


歓迎.jpg

読めん!こういうのは初めて見たぞよ


何だったのだろう?
自分には直接関係のないことでも
気になることがあると解決するまで気持ち悪い

どこかであった事があるんだけど
どうも思い出せない、という人だったり

調べなくては、と思いながら調べないでいて
ひょっと何かのはずみに思い出して
それでも、また忘れてしまう事柄だったり

生活に支障を来さないのだから
それほど重要な事でもないのでほっておく
でも、やっぱり気になる類いの事だ

紫式部です.jpg

これは紫式部ですが…清少納言はないのかなア?


さて、今日の騒々しさは何だったんだろう?

良ければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


携帯の方はこちらをポチッとよろしく。
シェルティーランキング
posted by 愛犬家みかんママ at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬と高山祭へ行くと大変よ

秋の高山祭は台風一過の秋晴れ
体育の日は統計的に晴天の日が選ばれたので
秋の祭りは大抵晴れる
春は2日のうちどちらかが天気が悪い事が多い

土曜日は午前中に小学生英語クラスがあるので
早目に城山へ行って来た
昨日とは打って変わって
陣屋前の朝市は観光客であふれていた

川で.jpg

川は小学生とハトであふれている


休みの日は小学生がハピを見ると

わあ〜かわいい

と言って撫でに来る

モフモフやあ
気持ちい〜い


と言ってなでなでしてくれる
優しく、丁寧に撫でる子どもには
気持ち良さげにうっとりしているハピだが
犬を撫でるのに慣れていない子には、後ずさりする

城山で良く会うワンコで吠えまくるのがいる
一度吠え始めると止まらない
城山中に響き渡るので
ハピは逃げるように、せっせと歩いて離れる
飼い主は側にいるのだが、一向やめさせる気配はない
吠えるのが仕事と思っている犬と
吠えるのが犬の仕事と思っている飼い主
犬は飼い主次第というから
飼い主の気持ちを汲み取った犬が忠実なんだろう

食べた.jpg

あ、お前何か拾い食いしたやろ!
え、知りません。何ですかア?


今日は土曜日なので小学生や中学生が多い
人混みを通らなくてはならない時は抱き上げる
すると寄って来る小学生が増える
抱いているから安心するのだろう
祭りでは、下を向いて歩く人はいないから
踏まれるといけないので人混みには踏み込まなかった
ここでUターン。


風船.jpg


祭り帰りのルンルンガールズ。

3人.jpg


宮川河川敷はいつになくごった返している

混雑.jpg

混雑1.jpg

それでも日曜日ではないので人は少ない気がする
円高というのに、結構、外国からの観光客も多い
お金の使い方というのは人それぞれ
夫婦や家族や気の知れた仲間で旅行なんてステキなこと

疲れた.jpg

疲れたわい

疲れた2.jpg

おれも疲れたわ〜


観光客を見ると、一昨年の3月に
娘とドイツへ行った事を思い出す
その度に、もう一度、2人で行きたいなと思う
日本国内でも外国でもいい
ステキな時間を持たせてもらった家族に感謝。

きっと高山を訪れる観光客も
それぞれに色んな事情があるのだろう
高山でステキな時間を過ごして欲しい
羽目を外さない程度に…お願いします

2人.jpg

ステキなご夫婦。ご主人の顔が見えないけど…


良ければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


携帯の方はこちらをポチッとよろしく。
シェルティーランキング


posted by 愛犬家みかんママ at 17:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬の頭に当たったら「あたた」!

台風のお陰で助かった人もいるやろなあ

「むべ山風をあらしとはいふらん」と歌にもあるが
台風があらした後の城山を
掃除していたオジさんが言った

掃除.jpg

ハピちゃんも掃除されたらどうしよう?


本丸の一角に大きな木があり
その下にベンチが2つ並んで据えてある
丁度、そのベンチの上の辺りに
大きな木の枝が随分上の方で折れて
垂れ下がっていた
あまりに高い所にぶら下がっているので
落ちそうだけど、どうにもしようがなく
そのままにしてあった

なら.jpg

ドングリ一杯落ちてるね。
食えるぅ?

昨日の台風の強い風が
この枝を木から払い落とし
ベンチの上に落ちたという話だ

あそこに座った人の頭の上に落ちたら
大けがしたことやろ。
たまには、台風が来てくれんとな



台風がもたらす被害は建造物だけではない
人の命も、動物や植物の命も、
やがて誰かの命を支える命をも奪ってしまう
自然はそうやって積み重ねてきたものを
暴力的に一掃しては、新たに命を紡いでいくのだろう

今日9日と明日10日は秋の高山祭
自宅から城山へ行くには朝市赤い中橋という
観光名所をつっきらねばならない
連休には山ほどの人だかりだったのに
今日は普段の平日よりも人がすくない位だ
秋の高山祭の区域の方へ
観光民族だけでなく、高山在住民族大移動らしい


帰るかい.jpg

んじゃ、帰ろうか、ハピ。
ごはんなら帰る!


城山では常連のシルバー散歩連の人達に加えて
シルバー派遣の人達が台風一過の後片付けをされていた
みなさん、元気だ
ノロい私より、さらにノロノロのついてくるハピに

お、がんばれよ

と声をかけてスタスタと下りていかれる
しばらく行くと、そのオジイさんと又会う
歩く事そのものが楽しくてしょうがない
と言う風にオジイさんらしいが軽い足取りだ

白雲水で顔をジャブジャブと洗うと
腰につけたタオルで顔を拭いて
ハアーっと大きく息を吐き

さぶなったなあ

と言われた





しゃれ言ってる場合じゃないよ。
さぶいで帰ってごはんにしよう!


昨日の台風が去った後、一気に風が冷たくなった
1週間前までは半袖もちらほら見かけたのに
今日はみな長袖やジャケットを来ている


初雪.jpg

山もちょっと白っぽい帽子を冠ってるみたい


あらしの後は紅葉を待つばかりだ
1つ先への楽しみが出来た


良ければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


携帯の方はこちらをポチッとよろしく。
シェルティーランキング

posted by 愛犬家みかんママ at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬、ア、リスよ!

「何があるんかな?」

あっち.jpg

あっち向いてホイっ
次の場所はあっちでっせな

城山の爺婆街道を下りていく途中で
カリカリと音がする
上を見上げるとリスが木の枝で
クルミを食べていた

ボケーッと見上げて突っ立っていると
下からセッセと早歩きでやってきたジーさんが言った

「リスがクルミ齧ってるんですよ、ほら、あそこ」

「どれ、どこやな?」

秋の青空は高くて澄んでいる
紅葉しかかった緑の葉っぱをすかして
リスが枝に座ってクルミをカリカリかじっているのが見える

上にリス.jpg

「え?どこやな?」

上を指差しても良く分からないようだった

その時、リスがクルミを取り落としたらしく
ガサッと葉っぱの音がした

「ありゃりゃ、あんなとこになあ」

リスの居場所が分かったようだった
しばらく見ていたジーさんは

「ここ来て長いが、リス見るの初めてや
今日は良いものを見たわ〜」

紅葉.jpg

こ〜んな晴天のステキな日

そう言うと参加中のイベントの
オリエンテーリングの次の場所へと急いで立ち去った
雨が上がった後とあって参加者が多いらしく
いつもは1人か、2人連れに出会うだけだが
今日は団体さんでやってくる

葉っぱ.jpg

どうせ私は1人ぽっちですよ

おはようございます

とずっと繰り返すと面倒になってくる
町の中で知らない人に会っても挨拶はしない
当然と言えば当然だが
一歩城山(一応、公園)に足を踏み入れたら
登山と同じで、行き交う人は誰であろうと挨拶を交わす
どこの国の人とでも、だ

最近、クルミの実が食べごろになってきたのか
リスがあちこちの木の上でカリカリと齧っている音がする
鳴き声まで聞こえることもある

リス.jpg


熟したクルミが3、4個、道に落ちていた
リスさんのお裾分けと思って拾って家に持ち帰り
泥を洗い落として干しておいた


リス登る.jpg

春に鎌倉へ行った折り、リスを見かけた
中国からとおぼしきグループの人たちと
道でウロウロしていたリスを眺めて
言葉も分からないのに笑いあった

小さな動物も、大きな動物も人と人の仲立ちをしてくれる
もの言わぬ動物を見ながら通訳なぞない方が
反って豊かなコミュニケーションが取れるのかもしれない

後ろ姿.jpg

やっとでハピちゃんの出番…
って、ケツだけかい



ハピがいるだけで随分と豊かな人との交流ができる
それは私にとっては何よりの大きな財産なのだろうな

良かったらポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

posted by 愛犬家みかんママ at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨

愛犬ハピのマイホームはお城?!

飛騨高山の超有名人(?)の事を書こうと思ったが、資料が今、手元にないので明日また。

高山市は近隣の町村合併で面積としては東京に次ぐ日本で2番目の市になったが、その90%以上が山林で、人口も10万そこそこだ。

旧高山市は人口65000人だった。
城山は、その旧高山市の中にある。

金竜.jpg

だ〜れもいないね

いつものじい様たち、来ないんかなあ


その昔、日本で5本の指に入ると言われる高山城があったので、城山と言う。

城の上.jpg

ハピ、お城お尻に敷いてるよ。

ハピちゃんのマイホームにするもんね

はいはい、どうせウチはせまいですよ


城山を毎朝ハピと散歩するようになって、以前はどこに出るのか、出てみて「ああ、ここだったのか」と気が付くような沢山の山道も、今では大体見当がつくようになった。

毎日お世話になる城山について殆ど知らないので、ちょっと調べてみる事にした。
本棚でホコリをかぶっていた『飛騨金森史』という本を手に取った。
市政50周年の折りに作成された資料史だ。
こういう類いの本は、編纂する事自体に意義があるので、中身は物語性が少ないため、読みづらい。

概要は以下だ。

高山城は山城と平城を兼ねた城で、1590年から十数年かかって建てられた。

多治見出身の金森長近は、織田信長に40年仕え、信長亡き後、秀吉、家康に仕えた。
長近は美濃から1575年に長篠戦の功により越前大野へ。

ベンチ.jpg

オオ、ノーなんちゃって

オババギャグ、やだね〜


秀吉命により、三木自綱を征伐して飛騨を平定。
飛騨三万三千石を受けて、高山城築城。

金森.jpg

立派な馬だ

立派なボウズだ

1692年まで金森六代まで在城したが、幕府直轄の天領となってからは徐々に金沢藩の管理に移され、幕府から破却を命じられて大工約500人、こわし人足7500人、1日900人がかりで約1ヶ月。

築城から107年、金森氏六代も107年で高山城は消えた

高山城下町
は、地形を上手く考えて造られている。
宮川に沿って南北に千分の一の勾配を考えて、宮川から取水し、商業地の町人屋敷の三町を潤した。
一向宗門徒の多い照連寺高山城と向かい合わせに置き、東山の麓に寺院を集めた。
長近は、人心を休め、文化を起こすことを積極的に行ったという。

要するに、現在の観光高山市の基礎を造ったのは、飛騨人ではなかったわけだ。
文化に傾倒し、造る事にたけていて、武士ではあるけれど、戦況や時代を上手く読んで、逆らわずに時流に乗ってきた金森長近の業なのだ。

金森氏とともに消えた高山城…

歴史の見方は、色々あるけれど、少なくとも高山には殆どいなかった金森長近が大きな存在であることは確かだ。

豊かで余裕がなければ文化は生まれないし、育たない。
戦争ばかりの殺伐たる時代や、場所には文化は育まれない。
人々に余裕があって初めて文化は育つ。

紫陽花.jpg

こいつは美味そうだ

『味菜』ってくらいだからね


歴史を学ぶ事は、現在の「もの」や「心」を大事にしようと言う気持ちになる。

同じ人間の、幾多の苦しみや哀しみ、喜びが込められた「もの」には「心」がある

形になっていない「遺産」も多くある

温故知新…せっかくだから、城山だけでなく、高山の色んな場所を歩いて見よう。
そして、感じてみようと思う

自分が生きているということは、どういうことか。
どうやってこれから生きていこうか

私は自分の中に「柱」がないと思っている
少しでも「柱」になるものが見つかれば、自分の生き方が芯のあるもの、揺らぎないものになるだろう

残された人生は折り返しを過ぎた
もっと自分で納得のいく人生を、と思う

ベンチ2.jpg

な〜に気取ってんだか。早く帰ろ〜よぉ

ふっ、食いもんしか目のないハピにはわかるまいのう


ハピは城山へ行くと、嫌な道はリードを付けて欲しがるし、下りのハピちゃん道をみかんままを置いて、ドンドン下っていく。

今朝は

帰りたい

と思ったらしく、途中で私が呼び止めても、しばらく立ち止まっているが、自分で下りていった。
最後の出口で、頑固に立ち止まって動かず、駐車場へ下りていこうとしたので、リードを出して

ハピ、ほら、付けていこ!

と呼びかけたら、直ぐにこっちへ歩いてきた。

言葉で伝えられないもどかしさを分かってやることは、犬を飼う責任でもあるが、楽しさでもある。

犬を飼うというのは文化だろうか。

そんな大層な事を考えなくても今、私のそばにハピがいるだけでいい。

本丸で、ハピが自分で発見した「待て、来い」です。




オヤツ欲しさとはいえ、何だかワクワクしたハピ発明遊びでした。


お城マイホームの夢が消えたハピちゃんにお気の毒様のポチッを

せまいながらも楽しい我が家で、わがままハピを飼っている苦労多きみかんままに応援のポチッを

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
posted by 愛犬家みかんママ at 18:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 愛犬と歩く観光飛騨
にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
助成金 QLOOKアクセス解析 Ferretアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。